入来のシンボル「きんかん坊や」

薩摩川内市入来町の武家屋敷に行ってきた

南薩には、縁があってしょっちゅう行く機会があるけど、北薩にはめったに行く機会がなかった。
さらに、入来町は入来峠を使って宮之城・出水に行く時の通り道でしかなかった。
入来と言われても。。。全然ピンと来なかった。。。すみません。
今回、縁あって入来出身の友人が出来、素敵な入来スポットを案内してもらった。

入来町の名産はキンカン

薩摩川内市入来町は、全国的にも金柑の名所らしい。
これも知らなかった。
金柑の季節じゃなかったので、実際に見ることは出来なかったけど、イメージしている金柑よりも大きく甘いらしい。
金柑の季節も楽しみ。

町のいたるところに町のシンボル「きんかん坊や」のイラストが。
このキャラ好きだなぁ。
是非とも着ぐるみ作ってユルキャラブームを再燃して欲しい。
被り手がいない場合は率先してかぶりますので、サイズでか目に作ってて下さい。笑

入来のシンボル「きんかん坊や」
入来のシンボル「きんかん坊や」

入来麓武家屋敷群

鹿児島には、出水、蒲生、知覧など武家屋敷群が色々とあるけれど、入来の武家屋敷群はその中でも歴史が古いらしい。
中世(鎌倉時代?室町時代?)から続く武家屋敷群。
というか、入来に武家屋敷群があるということも全然知らなかった。。。

今は入来小学校になっている場所に清色城という城があり、そこを中心に整然とした武家屋敷群が作られている。
入来の武家屋敷群の特徴は、玉石垣。
河原で拾ってきた丸い石で、石垣が作られてるそう。

趣があり歴史の奥深さを感じたひと時だった。

清色城跡(現入来小学校)
清色城跡(現入来小学校)

入来の武家屋敷群
入来の武家屋敷群
茅葺門
茅葺門
武家屋敷の玉石垣
武家屋敷の玉石垣

しそっぷ物語とおかべ

しそジュースの「しそっぷ物語」と田舎豆腐「おかべ」を頂いた。
素朴で純朴な味。
うまかった。

おかべとしそっぷ物語
おかべとしそっぷ物語
赤い彗星しそっぷ物語
赤い彗星しそっぷ物語

しそっぷ物語はネットでも購入できるので、是非どうぞ。

田舎があるっていいよね

鹿児島はほんとに田舎だけど、その中でも僕はシティ派。
土がほとんどないアスファルトとコンクリートの中で育った。
自然があって、土に触れられる田舎があるって本当にいいなぁと思う。

おみやげに米と竹の子を頂いた。
国の礎は米。
その米を頂くなんて、魂をもらったぐらいの感覚。
噛み締めて頂きます。

おみやげを頂きました
おみやげを頂きました

入来町って鹿児島市の隣の町なのに全然知らなかった。。。
まだまだ鹿児島も知らないところがたくさんあるね。

今回はほんとにいいもんを見せて頂きました。

The Documents of Iriki―入来文書

著者/訳者:朝河 貫一

出版社:柏書房( 2005-07 )

定価:

単行本 ( 720 ページ )

ISBN-10 : 476012764X

ISBN-13 : 9784760127641


「薩摩川内市入来町の武家屋敷に行ってきた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

11 + 9 =