【WordPress】自動保存・リビジョン管理を無効にするプラグイン「Disable Revisions and Autosave」をインストールしてみた

WordPressの2.6以上だと自動保存とリビジョン管理機能がデフォルトでついてくる。
実際自動で記事が保存され、記事の投稿など元に戻したいときは便利なんだろうけど。。。
僕にとってはちょっとわずらわしいものだった。
さらに、データベースMySQLのレコードがその都度増えていくのが嫌で、これらを無効にするプラグイン「Disable Revisions and Autosave」をインストールしてみた。

自動保存のみ停止したい場合
disable-autosave.zip
リビジョン管理のみ停止したい場合
disable-revisions.zip
両方停止したい場合
disable-revisions-and-autosave.zip

上記のいずれかのファイルをダウンロードして解凍し、/wp-content/plugin/ にアップロード。
その後、管理画面でプラグインを有効化すればOK。

これでデータベースの肥大化も防げるし、何よりも自動保存のわずらわしさが無くなって便利。

オープンソース・ブログ構築ソフトWordPress2.7対応「導入&カスタマイズ」実践ガイド

著者/訳者:吉村 正春

出版社:秀和システム( 2009-02-26 )

定価:

単行本 ( 415 ページ )

ISBN-10 : 4798022012

ISBN-13 : 9784798022017


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

15 + ten =