圧力鍋で豚軟骨トロトロカレーを作ってみた

カレーと唐揚げは男のロマンです。
一人暮らし歴約15年。カレー作りは色々と試行錯誤を繰り返してきました。
豚軟骨はスーパーなどで500g、300円程度で売っててかなりお買い得です。
この豚軟骨を圧力鍋でトロトロに煮込んでカレーを作ってみました。
このカレーを作りたくて圧力鍋を買ったほどです。

それでは作り方をご紹介。

1.豚軟骨は最初に焼いておく

豚軟骨は塩コショウをしてフライパンでしっかりと焼いておきます。
ここでしっかりと焼くことで圧力鍋で煮ても煮崩れなくなると思います。

豚軟骨はよく焼いておきます
豚軟骨はよく焼いておきます

2.圧力鍋で豚軟骨を15分ほど煮る

圧力鍋に焼いた豚軟骨を移し、ニンニク片を潰したものを入れ、水を軟骨が浸る程度入れます。
材料から水がたくさん出るので、水は浸る程度でOKです。
圧力鍋に火をかけ、15分ほど煮込みます。
この間に、他の材料の準備をします。
玉ねぎはみじん切りにしてよく炒めておきます。
ニンジン・ジャガイモは適当な大きさ(大きめでもOK)に切っておきます。

豚軟骨とニンニクを煮込みます
豚軟骨とニンニクを煮込みます

3.材料を全部入れて90分ほど圧力鍋で煮込む

豚軟骨を15分ほど煮たら、圧力鍋を開け、炒めた玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモを入れます。
水は入れる必要はないと思います。(材料からたくさん水分が出ますので)
圧力鍋を強火にかけシューシューいってきたら、弱火にして90分ほど煮込みます。
圧力鍋の性能にもよると思いますが、うちの圧力鍋では60分では豚軟骨がトロトロになりませんでした。。。

4.市販のルーを入れて仕上げる

90分煮たら火を止め、圧力鍋の圧力を抜いて蓋を開けます。
市販のルーを割り入れて溶かします。
ちなみに僕の場合、ジャワカレー(辛口)とこくまろカレー(辛口)を半々にブレンドして、さらに香辛料のガラムマサラを結構多めに入れます。
(昔、僕のカレーの師匠に教えてもらった配合です)
ここで、ルーの緩さを調整します。
緩めのルーが好きでしたら水を好みで足してください。
再度火をかけて一煮立ちさせたら完成です。

ルーを入れれば完成!
ルーを入れれば完成!

5.完成!

ご飯の上に完成したルーをかけたら完成です。
たまたまゆで卵が一つあったので切って乗っけてみました。

ゆで卵をトッピング!
ゆで卵をトッピング!

豚軟骨もゼリー状にトロトロになってました!

豚軟骨もトロトロ~
豚軟骨もトロトロ~

皆さんも是非試してみてください。

豚軟骨トロトロカレーのレシピ

10皿分

豚軟骨       500g
玉ねぎ       大2個
ニンジン      大1本
ジャガイモ     大2個
ニンニク      5片程
市販のカレールー  10皿分用(大きいやつ)
塩コショウ     適量
水         適量

ガッテン流焼きそばがうますぎるぞ(レシピ・作り方を紹介)

楽園先輩絶賛のガッテン流焼きそば
一度作ってみたらほんとに上手かったのでレシピを紹介。

ガッテン流焼きそばの作り方

1.温めてないフライパンにサラダ油をしき、麺をほぐさずのせ、中火で2分ほど焼く

麺はほぐさず片面ずつ焼く
麺はほぐさず片面ずつ焼く

2.麺をひっくり返して周りで豚肉を炒める(1分)

麺の周りで豚肉を炒める
麺の周りで豚肉を炒める

3.キャベツを周りにのせる

キャベツをのせて
キャベツをのせて

4.沸騰したお湯を40cc麺に掛けてパチパチいうまで(1分30秒)蒸焼きにする

40ccの沸騰したお湯で蒸焼き(水の分量は正確に)
40ccの沸騰したお湯で蒸焼き(水の分量は正確に)

5.ソースをかけて混ぜ合わせる

粉のソースだったらあらかじめ水で溶いておく
粉のソースだったらあらかじめ水で溶いておく

6.僕の場合、マヨネーズをかけてかつおぶしかけて完成

青のりと紅しょうががあれば完璧だった。
青のりと紅しょうががあれば完璧だった。

なんでも、最初に麺をほぐさずに表面を焼くことと、熱湯で蒸焼きにするのがポイント。
麺のモチモチ感とカリカリ感のバランスが一番いい感じに仕上がるらしい。
この焼きそばよくわからんが、うまい。
ちょっとハマリそう。

[rakuten]fujiyoneyama:10003530[/rakuten]

エッフェル塔パスタでベシャメルソースのパスタを作った

知人からフランス土産にエッフェル塔の形をしたパスタを頂いた。
パスタがカラフルだったので、ベシャメルソースを作ってみようチャレンジ。

フランス土産のエッフェル塔パスタ
フランス土産のエッフェル塔パスタ

ベシャメルソースのレシピと作り方(自己流)

まず、材料は

  • バター(適当)
  • 小麦粉(適当)
  • 牛乳(500cc)
  • たまねぎみじん切り(一玉)

まず熱した鍋にバターを投入。
たまねぎのみじん切りを炒める。
小麦粉を適当に入れてダマにならないように炒め続ける。
牛乳を入れてかき混ぜながら、ソース状になるまで煮詰める。
適当に塩コショウで味付け。
以上でベシャメルソースは完成。
完全に自己流だけど、それなりにおいしいホワイトソースになった。

ベシャメルソース
ベシャメルソース

男の料理(パスタ編)

パスタの具材は

  • 鳥のささみ(残り物)
  • なす(残り物、傷みかけ)
  • 小松菜(残り物、傷みかけ)
  • しいたけ(残り物)
  • しめじ(残り物)
  • マツノミ(もらいもの)

以上の完全に冷蔵庫に眠ってた残り物をメンバーとしてチョイス。
これらをオリーブオイルで適当に炒めて、ソースとパスタを絡めて、最後にとろけるチーズをまぶして完成。

具材を炒める
具材を炒める

分量とか作り方とかかなり適当だけど、なかなかおいしいパスタに仕上がった。
明日はこれの残りでグラタンにしよう。

エッフェル塔パスタのベシャメルソース発泡酒を添えて
エッフェル塔パスタのベシャメルソース発泡酒を添えて

料理ブログ初めて書いたけど、たまに書くのもいいかもね。
でも僕の料理はいつもかなり適当。
参考にはならんかもね。

[rakuten]pastavino:10000013[/rakuten]