【WordPress】Google Analyticsトラッキングを非同期トラッキングコードに変えてみた

Google Analyticsのトラッキングコードが、デフォルトで非同期トラッキングコードになった。
ちょっと前にベータ版が出てたのは知ってたけど、正式にリリースされたみたい。
いつも参考にしてるサイトや注目してるサイトはさすがに対応が早く、もうすでに対応済み。
結果を出してるサイト運営者はさすがに違うね。
非同期のトラッキングコードでのメリットは、

  • サイトの読込速度が高速化する
  • 滞在時間が短くてもログが取れる
  • ページの読込が完了する前のイベントもデータが収集できる

など。
Googleの検索結果も読込速度が影響するぐらいだから。。。
サイト管理者、ウェブマスターの人は早めに対応した方がいいと思います。
で、今回は本ブログ(WordPress)に入れたみたので備忘録としてメモ。

まず、古いトラッキングコードやイベントは削除する。
新しいトラッキングコードは各自Google Analyticsから取得する。

var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'それぞれのプロファイルID']);
_gaq.push(['_trackPageview']);

(function() {
  var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
  ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
  var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();

これを<body>の直後に記述。(<body>の直後じゃないとIE6でうまく働かないみたい)
だけど、<body>直下が冗長になるので、僕は外部jsファイルを作って読込むようにした。(今回はgaq.jsファイルを作成)


以上でトラッキングコードの移行は完了。

後は各自イベントなどを設定してた場合は、新しい設定方法に変更する。
例えば、以前のイベント取得は

pageTracker._trackEvent('カテゴリ', 'アクション', 'ラベル', '値');

だったけど、
これを

_gaq.push(['_trackEvent', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル', '値']);

に変更する。

_gaqという配列オブジェクトに次々マージする感じで、今までよりもシンプルになったと思います。

まぁ特に難しいこともないので、早めに対応した方がいいですね。
僕も随時、管理サイトの対応をしていこうと思います。

GOOGLE ANALYTICS完全解説

著者/訳者:日経BPコンサルティング Webコンサルティング部

出版社:日経BPコンサルティング( 2009-12-10 )

定価:

Amazon価格:¥ 8,585

単行本 ( 346 ページ )

ISBN-10 : 4901823272

ISBN-13 : 9784901823272


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five × 5 =