掃除機ロボット「ルンバ」が超かわいい

物持ちは割りといい方です。
掃除機と洗濯機は18歳の大学入学時の頃のものを今までずっと使っています。
もう17年以上も使ってるのね。。。
そんな掃除機ですが、昨年末突如として壊れてしまいました。
ダイソンかなぁと思っていましたが、値段も大して変わらないし、思い切ってiRobot社の全自動掃除機ロボット「ルンバ」を購入しました。
「ルンバ」と言えば値段が9万円ぐらいするイメージでしたが、今じゃ3万円台~という価格帯なんですね。

ネットで色々と調べて、1週間分の清掃スケジュールを曜日単位で設定できる「スケジュール設定」と、清掃終了時に自動的にホームベースに戻り充電を開始する「自動充電」の2点は必要だろうということで、「新・ルンバ」と呼ばれているルンバ700シリーズのルンバ770を購入することに決定。

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 770

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 770

中古価格: ¥ 14,180 より

Amazon価格:¥ 64,900

カテゴリ:ホーム&キッチン


ネット上で見かける口コミや評判は割りといいですが、まぁ所詮はおもちゃだろ。。。となめていましたが、やります。ルンバ。
フル充電で90分ぐらい何も言わずに一生懸命掃除します。
本体自体の高さが10cmないので、棚の下とか今まであんまり掃除しなかった場所もガンガン掃除してくれます。
最初の運転でダスト容器いっぱいになるほど、ゴミを集めてきました。。。
こんなに汚れてたのか。。。と若干ショック。
次の日もびっくりするほどゴミを集めてきました。
1週間後、さすがにもうゴミないだろうと思っていましたが、どこからそんなに見つけて来たの??っていうぐらい集めてきました。
やります。ルンバ。

2cmぐらいの段差ならガンガン乗り越えていきますし、玄関など大きな段差の前ではピタッと止まります。(たまに玄関にダイブしてますが。。。)
色の明るい壁や棚などはぶつかる直前で減速しますが。。。
色の濃いものには思いっきり体当たりするのがちょっと難点です。

掃除機といえばゴミを吸引していくイメージですが、ルンバの場合ブラシでゴミをかき込んでいくイメージです。
なので、ブラシを定期的にメンテナンスして交換しないといけないようです。
うちは全面がフローリングなのでだんだんと床がツルツルになってきました。
絨毯や畳の部屋ではどんな感じになるんでしょうか?

結局、週間分の清掃スケジュールを曜日単位で設定できる「スケジュール設定」は使用してません。。。
毎朝、会社に行く前にスイッチを入れて帰ってきたらゴミを集めてホームベースに帰ってきています。
なんとも健気です。

床に障害物がない方が掃除がスムーズなので、結果として床にものを置かないようになり、コードや配線類もきれいに整理するようになりました。
これも「ルンバ」効果の一つですね。

「スケジュール設定」を使用してないので。。。
さらに価格が1万円以上安い「ルンバ537」でもよかったなと思っています。
自動でホームベースに戻って充電する必要もない人はさらに値段の安い「ルンバ527」でもいいと思います。
価格も3万円台ですしね。

「ルンバ」久しぶりにいい買い物しました。かわいいです。オススメです。

デジタル一眼レフカメラ欲しいなら、迷わずPENTAX K-x 

デジタル一眼レフカメラブームらしい。
デジカメユーザーは、潜在的にデジタル一眼レフカメラを欲しがっているそうだ。
確かにそうかも。
でも、デジタル一眼レフって敷居が高く、とても自分のものを所有したいという気になれなかった。
それはもしかすると、一般のデジタル一眼レフカメラの重厚なデザインがそういう気持ちにさせていたのかもしれない。

そんな中、PENTAXが10月中旬におもしろい商品を発売する。
自分の好きな色のデジタル一眼レフカメラをオーダーで作るというものだ。

僕自身コンパクトデジタルカメラもPENTAXを使っている。
軽量で、扱いやすく、とても綺麗な画像を撮影できる。

今までの重厚なイメージだったデジタル一眼レフカメラをカラフルにすることによって、購買意欲がかなり高まる。
たったこれだけのことだけど、素晴らしいアイデア。
カラーパターンを考えるだけで、ワクワクする。
自分だけのオリジナル一眼レフ。
僕もカラーパターンを悩みに悩んだ末、今日注文した。
到着が楽しみ。

茶色と紫の組み合わせが出来ればもっと悩まずに済んだのに。。。笑

あなたならどんなカラーバリエーションを選択しますか??

遊び心満点で高性能、高機能でお値段69,800円はかなりのお買い得だと思う。

デジタル一眼レフカメラ欲しいなら、PENTAX K-xも検討してみてはいかがでしょう?

パイオニアがTV事業から撤退

世界的な不況。。。
家電メーカーも縮小や撤退など相次いでいる。
「家電芸人」とかで盛り上がりはじめたばかりなのに。。。
さらに、パイオニアがテレビ事業から撤退するらしい。

 パイオニアが、事業の「柱」だったプラズマテレビ事業から完全撤退し、車載機器中心に事業構造を転換すると打ち出した。薄型テレビメーカーは、世界的な価格の値崩れや販売競争の激化による消耗戦を繰り広げ、多くは赤字続きに苦しんでいる。今後、家電メーカーの生き残りをかけた事業の縮小・撤退や再編などに広がる可能性もある。

パイオニアのKUROってプラズマテレビは、初めて本当の「黒色」を再現することに成功。
KUROの画像見た時、ほんとに綺麗だなぁって思った。

ほんとに寂しいが、仕方が無いことなのかもしれない。
「モノ作り」の時代は終わるのかなぁ。。。