【WordPress】runPHPが動かないとき

WordPressでPHPを有効にするプラグイン「runPHP」がうまく機能しないと相談された。
対応策を備忘録のためメモ。

プラグインのインストール自体がうまくいっているのに、記事内のPHPがうまく動作してない場合は、テーマのheader.phpをもう一度見直して欲しい。
以下の関数がタグ内で抜けている可能性がある。

<?php
wp_head();
?>

runPHPのreadme.txtにも以下のような記述がある。

* With few badly written WordPress themes, the plugin does not work. This is caused by a missing `wp_head()` call in the theme’s header template (often called `header.php`).
If that is the case, fixing it is simply a matter of inserting `<?php wp_head(); ?>` at the right point in the php template.

困ったときは、慌てず焦らず、振り出しに戻ることも大切ですね。
勉強になりました。

【WordPress】Wp-MixiPublisherを使ってmixiにも日記をアップロード

僕もmixiのアカウントはもってはいるが、ブログを作ってからというもの、基本的に日記を書かなくなっている。
コミュニティを覗いたりして情報収集するためだけのツールとなっていた。
RSSで日記の表示をしたりもしたけど、このブログ自体が僕自身の仕事や技術の備忘録みたいなってるので。。。mixiに表示させるまでもないなぁと思ってた。(ほとんど意味わからんだろうしね。。。同業者じゃないと。。。)

そんな時、WordPress関連のプラグインをいろいろと調べてたら、ちょっと興味持ったプラグインを発見。

Wp-MixiPublisher

ブログの記事をmixiにもポスト(投稿)してくれるというもの。
しかも、ポストしないでもいい記事は、チェックを外して。という簡単で良さそうなもの。

早速ダウンロード、インストールしてみた。
しかし。。。なかなかうまく行かない。
また色々調べてみたら。。。

wp-mixipublisherRC2e.zipという最新のものに行き当たった。
これの中身を最初のプラグインの中身と入れ替えて。
インストール完了。

後は、設定画面でmixiのIDとPASSを入力すればOK。

mixi日記放置してたけど、これで無駄にならなくなるね。笑

僕のmixiアカウント
マイミク申請はお気軽に~。

【WordPress】Contact Form 7(問合せフォームプラグイン)をインストールした

お問合せフォームを作ろうと思っていたけど、ずるずると延び延びになっていた。
まぁお問合せフォームぐらいちょちょいと。。。と思ってたけど、なかなかやろうとしてもやらないもんで。。。
そんな時、かなり便利そうなプラグインを見つけた。
WordPressに簡単に問合せフォームを作成するプラグインContact Form 7
早速ダウンロードしてインストールしてみた。

contact-form-7 フォルダを /wp-content/plugins/ フォルダににそのままアップロード。
WordPress の ‘プラグイン’ メニューでcontact-form-7の「使用する」をクリック。
その横にある「設定」をクリックして、新規のコンタクトフォームを作成し保存する。(下の画像の①)
contactform7-1
[contact-…] の部分ををコピーして(上の画像の②)、コンタクトフォームを表示させたい投稿もしくはページに貼り付け、公開する。(下の画像)
contactform7-2

たったこれだけで、お問合せフォームが出来るなんて。。。
ほんと便利な世の中です。笑

早速、問合せフォームからメール下さい。。。

【WordPress】WP Super Cacheで文字化け

WP Super Cacheを導入し、Cacheされたものをブラウジングすると、文字化けするようになった。
文字化けというよりは、文字コードが本来UTF-8なのにShift-JISで表示されるようになってしまい、文字化けしたような現象が起こっていた。
原因が分からず、とりあえず、WP Super Cacheを不使用にしていたのだが、やはり重くなってきたので、
HALF ON Super Cache Disabled, only legacy WP-Cache caching.
にチェックを入れ、
Super Cacheではなく、WP-Cacheを使用することで試してみた。
とりあえずの文字化けはなくなったが。。。
原因不明です。。。
誰か分かる人教えて下さい。

【WordPress】Amazon の個別商品の情報を表示するプラグインwp-tmkm-amazonを導入

WordPressにAmazon の個別商品の情報を表示するため、wp-tmkm-amazonプラグインを入れてみた。
このプラグインは、和書・洋書ならISBN、それ以外の商品なら、ASINを引数に設定するだけで、その商品の情報をhtmlで整形して表示してくれるところだ。
ISBN・ASINについてはこちらを
いろいろと各自で拡張も出来そう。
amazon関係のWordPressプラグインはいろいろあるけど、これが一番シンプルで使いやすい。

【WordPress】関連記事を表示するSimilar Postsプラグインを導入

各記事に関連する記事を表示するためのプラグインSimilar Postsを導入してみた。
ちょっとはSEO的効果もあるかもしれない。
まず、このプラグインをインストールするためにPost Plugin Libraryをインストール、有効化。
そしてSimilar Postsをインストール、有効化。
このプラグインのいいところは、表示する投稿の数を設定したり、カテゴリをこえて関連する投稿を表示するかなどいろいろな設定が出来る。
ほんとWordPressは便利だし、優秀なプラグインが揃ってる。

【MySQL】WordPress高速化の方法(クエリをキャッシュ化)

このブログは自宅サーバーから配信しているが、MySQLのクエリをキャッシュ化してWordPress自体を高速化する方法を試してみた。
MySQLのmy.iniの[mysqld]のところに以下を記述

query_cache_limit=1M
query_cache_min_res_unit=4k
query_cache_size=24M
query_cache_type=1

これでかなり高速化した!!
かなり快適な環境♪

【WordPress】WP Super CacheをKtai-styleと併用するときの導入方法

WordPressはページを表示するたびにデータベースサーバーにアクセスし、リアルタイムにページを生成している。
そのため、サーバーへの負荷は大きなものとなる。
投稿数やアクセスが増加してきた時に、画面表示に時間がかかるようになってきた。
そこで、WP Super Cacheを導入してみた。
これは一度表示したページをキャッシュに保存し、再度同じページを表示するときにキャッシュを利用するため、サーバーへの負荷を減らせると同時に表示速度の高速化にもつながる。
しかし、なかなかうまく導入出来ずにはまってしまったので記述しておく。
さらに、Ktai-Styleとの併用はいろいろな問題を引き起こすらしく、導入に一手間加えないといけない。

まず、WP Super Cacheをサイトからダウンロード。
ダウンロードしたファイルを解凍し、いつものようにpluginsフォルダにアップロード。
wp-cache-config-sample.php を複製して wp-cache-config.php を作り、48 行目行目あたりの

$cache_rejected_user_agent
 = array ( 0 => 'bot', 1 => 'ia_archive', 2 => 'slurp', 3 => 'crawl', 4 => 'spider');

という記述の下に以下のコードを記述。(Ktai-styleを使用してない人は記述不要)

if (file_exists(ABSPATH. 'wp-content/plugins/ktai_style/patch-wpcache.php')) {
        include ABSPATH. 'wp-content/plugins/ktai_style/patch-wpcache.php';
}

wp-cache-config.php を wp-content/ 直下に置き、Wordpressのプラグイン設定画面からWP Super Cacheを有効にする。
そして、WP Super Cacheの設定画面で、

ON WP Cache and Super Cache enabled

を選択して更新。

さらにMod Rewrite Rulesのところも更新をおこない.htaccess の書き換えを行う。
ここで、生成された.htaccessをテキストエディタで開く。
下記のコメントで括られた部分が、WP Super Cacheによって書き加えられた部分。

# BEGIN WPSuperCache

# END WPSuperCache

この間にRewriteRuleが2箇所ある。
その直前にそれぞれ2箇所に下記のコードを書き加える。(Ktai-styleを使用してない人は記述不要)

RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} !^(DoCoMo/|J-PHONE/|J-EMULATOR/|Vodafone/|MOT(EMULATOR)?-|SoftBank/|[VS]emulator/|KDDI-|UP\.Browser|emobile/|Huawei/|Nokia|mixi-mobile-converter/)
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} !(DDIPOCKET;|WILLCOM;|Opera\ Mini|Opera\ Mobi|PalmOS|Windows\ CE;|PDA;\ SL-|PlayStation\ Portable;|SONY/COM|Nitro)

以上で設定は終了。
実際の動作を確認してみる。
ログアウト状態、かつ、クッキーを削除した状態の PC で閲覧して、リロードしたとき、XHTMLソースの末尾に


のような表記があればPCでの動作は成功。
次に携帯で同じページを参照。
携帯用の表示になっていれば成功。
もう一度PC画面をリロードして、PC用の画面が出力されるかを確認。
PC用の画面が出力されたら成功。

もし、表示がおかしかったりしたら、再度上から設定を見直して欲しい。
どこかが間違えているはず。

【WordPress】ページングバーを付与するプラグインPagebar

投稿数が増えてきた時に有効なページング。
さらにSEO的にも多少Boost出来るのではという期待感をこめて、ページングを付与しようと考えた。
早速プラグインを探すと、Pagebarなるプラグインを発見。
早速インストールしてみる。
説明に従い、phpソースをテンプレートのページングを表示したいところに記述。
ページングのリンクは表示されるようになったが、CSSが効いていない。
プラグインの中にあったcssファイルの中身を、テーマのcssファイルにコピーペースト。
ダウンロードサイトのようなページングバーが表示された。
後は好みでcssを調整して完成。
これまた簡単。便利。
WordPressってほんと便利だなぁ。

【WordPress】プラグインAll in one SEO packを使ってみた

今までは、手組みでWordPressにmeta description、keywordを設定していた。
SEOに有効なmeta description、keywordを自動入力してくれるプラグインAll in one SEO packをインストールしてみた。
自動で出力されるので便利!!